創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店)

現在、伝統と呼ばれる仕事もその昔は先端の科学であり、また文化でした。私たちは、その先人が残してくれた有形無形のものを大切にしながらも、一方で、日々進化する科学、文化に真摯に目を向け、その成果を取り入れながら現代の暮らしに相応しい住まいづくりに努めています。 『伝統と科学で暮らしを豊かに』は、伝統の技術・文化と先端の科学・文化、Arts & Scienceのどちらも大切にしながら『百年先に伝統と呼ばれる仕事して行こう!』という私たちのメッセージです。
 075-441-0073
お問い合わせ

カレンダー

BLOG  2017-04-15 (土)

都大路よもやま話【「中立売」何と読む?】

「中立売」 

答えは、「なかだちゅうり」と読みます。

これは、当社の前の通り「一条通り」より一筋下(しも。つまり南)の通り名です。

 

何故、「中立売」と名付けられたのかと申しますと、

昔々大昔、この通りでは立って物を売っていたからだそうです。

つまり、文字通りなのです。

 

「中」があれば、「上」と「下」もあるのでは?と思われるでしょう。

勿論、ございます。「上立売通(かみだちゅうり)」に「下立売通(しもだちゅうり)」

 

また、「中立売通」と「下立売通」の間には、

「上長者町通」と「下長者町通」というのもございます。

通り名の由来は、文字通りで長者さんの家が沢山あったからなのだそうです。

残念ながら、「中長者町通」というのはありません。存在しない理由も存じません。

 

しかしながら、通り名が付けられた理由を知ると、

古(いにしえ)の時代の風を感じる様な気がするのは、私だけなのでしょうか?

 

経理 銭ば婆小林

2018.09.25 Tuesday