創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店)

現在、伝統と呼ばれる仕事もその昔は先端の科学であり、また文化でした。私たちは、その先人が残してくれた有形無形のものを大切にしながらも、一方で、日々進化する科学、文化に真摯に目を向け、その成果を取り入れながら現代の暮らしに相応しい住まいづくりに努めています。 『伝統と科学で暮らしを豊かに』は、伝統の技術・文化と先端の科学・文化、Arts & Scienceのどちらも大切にしながら『百年先に伝統と呼ばれる仕事して行こう!』という私たちのメッセージです。
 075-441-0073
お問い合わせ

カレンダー

BLOG  2017-05-26 (金) ~ 2017-05-26 (金)

養父市の読み方は「やぶし」です!~閑話休題、青もみじ編~

 

先日、社内にて、

 

結局 養父市 ってなんて読むんやっけ?

 

という 衝撃的 なことを聞かれました。

 

ブログを読んでも、記憶に残らないのなら覚えられるまで書き続けます(笑)

 

養父市(やぶし)

 

養父市(やぶし)

 

養父市(やぶし)

 

養父市(やぶし)

 

どうです? 覚えられましたか?(笑)

 

 

 

 

養父市(やぶし)

 

やっぱり5回目も書いときますね(笑)

 

どうですか?

 

もう覚えましたね?

もうフリガナつけませんからね!!

 

 

 

はい! ということで、閑話休題編ここからスタートです!!!

 

休日に従兄弟とふらふらっと嵐山に行きました。

 

あるお店に入ったところ、

 

 

「常寂光寺にはもう行かれましたか」

「2つ目の門をくぐると別世界が広がってますよ」

 

 

これは行ってみなければと思い、すぐに2人で向かいました。

 

2017_0514_15591000.jpg 

2017_0514_15013100.jpg

 

視界一面の緑世界。

 

鳥のさえずり、

 

カエルの鳴き声、

 

土と葉っぱの匂い、

 

爽やかな風、

 

いつまでもくつろいでいられそうなゆったりした時間を過ごせました。

 

私の京都のお気に入りのスポットになったので紹介させていただきました!

 

 

 

養父市(やぶし)のこともお忘れなく(笑)

 

建築部 井上

 

2018.08.22 Wednesday