創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店)

現在、伝統と呼ばれる仕事もその昔は先端の科学であり、また文化でした。私たちは、その先人が残してくれた有形無形のものを大切にしながらも、一方で、日々進化する科学、文化に真摯に目を向け、その成果を取り入れながら現代の暮らしに相応しい住まいづくりに努めています。 『伝統と科学で暮らしを豊かに』は、伝統の技術・文化と先端の科学・文化、Arts & Scienceのどちらも大切にしながら『百年先に伝統と呼ばれる仕事して行こう!』という私たちのメッセージです。
 075-441-0073
お問い合わせ

カレンダー

BLOG  2018-04-01 (日)

都大路よもやま話【エイプリールフール?お肉の巻き寿司!】

春爛漫の季節となってまいりました。

京の都は多くの桜が光り輝くように、

満開の花で埋め尽くされています。

 

さて、今日はお肉の巻き寿司をご紹介したいと存じます。

日本の伝統食の一つ、お寿司と言えば、魚介類ですが・・・

 

じゃ~ん♫

RIMG7536.JPG

(毎週土曜日に販売されるお肉の巻き寿司です)

 

このお肉の巻き寿司は定番品で、

具にはサラダ菜(?)、キュウリ、厚焼き卵、蟹蒲、

そしてソーセージのカツを、

甘辛に味付けをしたお肉が包み込んでいる代物で御座います。

 

そして更なるスペシャルな巻き寿司が・・・

じゃじゃ~ん♫

RIMG7537.JPG

(隔週で販売)

お肉料理と言えば、何と言ってもステーキで御座います。

こちらは、そのステーキ巻き寿司。

左端に鎮座しているのは、巻き寿司の定番の端っこで御座います。

一本の巻き寿司から二個しか出ない希少品。

この写真を撮って、チェックしている間に既になくなってしまいました。

 

これらの商品は全て、

京都の精肉店「銀閣寺大西」さんのお品で御座います。

桃の節句(三月三日)には、お肉のにぎり寿司が御座いましたが、

あまりの感動で、写真撮影を失念してしまいました。

きっと端午の節句(五月五日)に、お目見えできるのでは?と

心待ちにしております。

 

 

(経理 金庫番 小林)

 

 

 

 

2018.09.25 Tuesday