創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店)

現在、伝統と呼ばれる仕事もその昔は先端の科学であり、また文化でした。私たちは、その先人が残してくれた有形無形のものを大切にしながらも、一方で、日々進化する科学、文化に真摯に目を向け、その成果を取り入れながら現代の暮らしに相応しい住まいづくりに努めています。 『伝統と科学で暮らしを豊かに』は、伝統の技術・文化と先端の科学・文化、Arts & Scienceのどちらも大切にしながら『百年先に伝統と呼ばれる仕事して行こう!』という私たちのメッセージです。
 075-441-0073
お問い合わせ

建築

◇ 当社の家づくりへの想い

地域に根ざした家づくり

 

地域に根ざし、代々受け継がれてきた伝統の構法を守りながらも先端の科学を受け入れ、時代に応じた住まいを提供したい。

それが当社の信念であり、使命であると考えております。

 

IMG_2521.jpg080.jpg

 

私たちは「施主様と一緒に良い家を創っていく」ために、謙虚な姿勢でご希望をお伺いするよう努めております。

住めば住むほど良い家だ』と思っていただける家を創るため、施主様とのコミュニケーションを第一に考えております。

 

無垢材を使用した高性能省エネ住宅「燃費のいい家づくり」とは

 

さて、近年の家づくりにおいて、最重要テーマとして取り上げられる省エネ対策。

2014年10月に省エネ基準が施行され、2020年までに「省エネ基準適合住宅の義務化」が決定されました。

当社では地元の無垢材を使用した省エネ住宅を推奨し、日々科学と技術の進化を取り入れ

『100年後に伝統構法の住宅』と呼ばれる住まいづくりを目指しています。

 

P5100579.jpgDSC_6269.JPG

 

そのため、「地産地消」をコンセプトに建築家や製材所、各専門業者とチームを組んで

地元の無垢材を使った家づくりを行っております。

 

省エネ基準と快適な生活空間

 

2020年に日本でようやく義務化される省エネ基準はヨーロッパと比較するとまだまだ低い。

日本の家の現状は車で言えばガソリンを垂れ流しているようなものなのです。

これを機に少しでも【燃費のいい家づくり】に興味を持ってもらえたらと思っております。

当社が提案する【高気密・高断熱】の燃費のいい家づくりは、冬は熱が逃げにくく、

夏は熱が入りにくいので、光熱費の大幅な節約が期待できるのです。

 

 

さらに肌への受けるストレスが軽減できると、アレルギーも出にくく、

すでにアレルギーが出ている人は緩和されるとも言われています。

私もこの家に住み始めてから風邪を引かなくなりました。

光熱費だけでなく、医療費も抑えられるかもしれない。一石二鳥です。

 

先人の知恵に新しい知見を取り入れる事が、丈夫な家づくり

 

縄文時代から存在するという伝統構法による家づくりは、 我が国の先人が残した生活技術が、 長い年月の中で知恵となって受け継がれたものです。 

京都に限らず我が国では、遺跡や文化財など古くから残る建築物が数多く存在しています。 これらから私たちは、先人が技術の発達とともに経験と工夫により生み出した仕事を身近に見ることが幸運に恵まれています。 

一方でこれまで経験と勘に頼り受け継がれてきたものも、近年の情報処理技術の急速な発達により、原因が解明されるようになってきました。 

  

F様邸耐震改修工事.JPGDSC_6271.JPG

 先人の知恵を正しく受け継ぎ、新しい知識を受け入れていくことが丈夫な家づくりに必要な姿勢です。

■ 『地元の職人が、地元の材料で、地元の土に還る家づくり』

先人の知恵を正しく受け継ぎ、新しい知識を受け入れていくためには、『地元の職人が、地元の材料で、地元の土に還る家づくり』を進めることが 真に持続性のある丈夫な家づくりになるのではないでしょうか。  

IMG_6831_2.jpg

 

近年、お寺の庫裏(住宅)を建築させて頂きました。

最新の高性能省エネ住宅で、親子三世代のお住まいです。

今は非常に少なくなっていますが、こうした多世代でお住まいのお客様は

家族の絆がとても強いと感じています。

親から子、子から孫へ伝えられる知恵。そしてお嫁さんが外からもって来られる新しい知恵が解け合うことによって更に強くなる。

IMG_0554-(0022).jpg

多くの伝統建築物が並び立ち、伝統文化が息づく京都。景観の美しさと格式大切にする『古くて新しい、新しくて古い京都』で皆様のお越しをお待ちいたしております。

2018.10.23 Tuesday