当社の取組

当社の家づくりへの想い

省エネルギーについて

創業元治元年 小林工務店のH30年度ZEH普及実績と目標

政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住宅の高断熱化及び高効率設備により、できる限り省エネルギーに努めた上で、太陽光発電などの再生可能エネルギーにより、年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスの住宅』のことをいいます。小林工務店は、平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。2020年までのZEH普及率目標を以下の通り定め、その普及に努めるとともに、不要なエネルギーを使わないライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の快適で豊かな暮らしの実現に貢献します。

 

■2020年までのZEH普及率実績と目標

快適な家=省エネ住宅

【高気密・高断熱】の燃費のいい家づくりは、冬は熱が逃げにくく、夏は熱が入りにくい。まるで「魔法瓶」!?

光熱費の大幅な節約が期待できます。

 

冬、日差しをたっぷり取り入れ、暖かさを逃がさない。夏には涼しい風を室内に取り入れ、溜まった熱気を逃がす。

お客様から「この家に住み始めてから風邪を引かなくなりました!」との言葉をいただいています。光熱費だけでなく、医療費も抑制できる可能性のある住まいです。

小林工務店様 当社の取組-2
断熱性を高めるポイントは、断熱材+断熱サッシの組み合わせ。

高気密・高断熱の家ってどれも同じ?

いえいえ、省エネ化は当たり前になりつつありますが、具体的な性能はまちまちでどれも一緒ではありません。弊社はパーティクルボード・硬質ウレタンフォームのパネルを使用した工法で、さらに高水準の性能を追求しています。

 

冬は室内の温かさを外へ逃さない。夏は外の厚さを室内に入れない。そのポイントとなるのは、壁と窓の断熱性能です。高気密・高断熱住宅を実現するこの工法では、すぐれた断熱性を持つパネルと高断熱サッシの組み合わせで、次世代省エネルギー基準をクリアしています。

イヤな結露や湿気を防ぐためには、家の気密・断熱性を高めることが大切。

健康を害する原因となるカビやダニ。その増殖につながる結露や湿気を防ぐには、室内の温度と湿度のコントロールが決め手になります。そのために重要なポイントが家の気密と断熱。気密・断熱性を高めることで、外からの熱(暑さ・寒さ)や湿気の影響を受けにくい住空間をつくることができ、温度や湿度がコントロールしやすくなるのです。

計画的な換気を行うことで、さらに健康な暮らしが実現できます。

気密・断熱性の高い家で、より健康に暮らすためには、適切な通風や換気を行うことが大切。家の中の空気のよどみを少なくすることで、カビやダニの繁殖を抑えることが期待でき、花粉やハウスダストの滞留による空気の汚染防止にも役立つと言われています。室内の温度や湿度をそのままに効率よく換気できる、計画換気システムの利用も効果的です。

肌への受けるストレスが軽減できると、アレルギーも出にくく、すでにアレルギーが出ている人は緩和されるとも言われています。

ZEHとは

「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住宅の高断熱化及び高効率設備により、できる限り省エネルギーに努めた上で、太陽光発電などの再生可能エネルギーにより、年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスの住宅』のこと

小林工務店は、平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー」の登録事業者なのです。

 

 

デザインについて

デザインについては建築主の意向、時間、コスト等の制約の中で、美しさ、強靭さ、快適性、耐久性、施工性、持続性等の性能を優先順位をつけて提案します。

建築の意匠は、建築主の意向が強く表れる場合とそうでない場合があります。したがって、お客様の意向をよく伺い、意匠的にも構造的にもまた環境性能的にも優れたデザインを提案するように努めております。

外部のデザインは地域の景観にふさわしい意匠となるように努めると同時に外構・造園にも力を入れた提案を進めております。

また設いは地域や歴史に根差した意匠や工芸を大切にしながらも、現在の暮らしぶりにふさわしい無垢材を使ったデザインの提案をするように努めております。

当社では、意匠設計、構造設計、設備・環境設計、造園・外構設計の専門性の高い建築士と協業しています。京町家をはじめとする伝統的建築物、或いは無垢材を使った現代の意匠に強い建築家とのコラボレーションもいたしておりますのでご相談ください。

 

 

構造について

家を建てる人の上位の不安要素に耐震性能があります。30年以内に70%の確率で来ると言われている南海トラフ地震は耐震等級3(建築基準法の1.5倍の耐震性能)でなければ地震後に補修無しで住み続けることは困難とされています。

(参照:地震などに対する強さ(構造の安定) | 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

大手ハウスメーカーのほとんどが耐震等級3に対応していますが、大手以外で耐震等級3を満たしている会社は非常に少ない状況です。

当社では、新築は許容応力度設計法を用いて構造計算をし、耐震等級3の実現を標準仕様としています。これにより被災に際しても、ライフラインの復旧まで少なくとも安全に生活ができるようにと考えております。また伝統的建築物の耐震リノベーションにおいては限界耐力計算法を用いた耐震診断、耐震改修計画を提案し、Wallstatによる倒壊シミュレーションを行います。

 

 

パッシブハウスデザインについて

当社の仕事はいわゆる外仕事で、夏の暑い時や冬の寒い時も外で仕事をします。だからこそ分かることは、日本の気候は夏蒸し暑く、冬乾燥し寒いです。また夏冬正反対の気候で、気候の変化がとても速く、厳しいということです。本当に過ごしやすいのは春と秋のほんの一時期だけです。

そして暑い夏に熱中症になり毎年1,000人前後の方が、寒い冬にはヒートショックで年間19,000人の方が亡くなられているということは、よく知られるところとなっています。そんなことから、健康面からも省エネルギーの観点からも夏の日射遮蔽と冬の日射取得、断熱、気密に意識をしたパッシブハウスデザインに努めています。

当社はHEAT20のG2クラスUA値(外皮平均熱還流率);0.46以下、C値(相当隙間面積);0.5以下を標準としています。C値が0.5未満になると室内の空気の対流が無くなり、頭だけが熱く、足元が寒いということがなくなります。

このパッシブハウスは高気密高断熱であるが故に、万が一真冬に電気やガスがストップしても、我慢できる程度にしか室温が下がりません。また震災などの被災時にも耐震等級3の頑丈な自宅で快適なシェルター代わりになると考えています。

当社は高気密高断熱の省エネルギー住宅に取り組み始めて20年以上になります。近年では、パッシブハウスデザインを得意とする建築事務所との協力を積極的に進めています。

 

 

 

  1. 小林工務店
  2. 当社の取組
ページの先頭へ