不動産

買取・仲介

不動産会社に不動産売却の仲介を依頼すると「いつ買い手が見つかるかわからない」とか「購入希望者が現れるたびに内覧が発生する」などの面倒もあります。 創業元治元年小林工務店では、弊社がリフォーム若しくは新築してから販売する前提で、適正な価格で責任を持って買い取りますので仲介手数料が不要なだけでなく、即現金化でき、売却時期も明確になります。

買い取りと仲介での売却を比べるとそれぞれ次のようなメリット、デメリットがあります。

 

買取
メリット
  • すぐに現金化できます。
  • 購入希望者による内覧が発生せず、要らないストレスがありません。
  • 基本的に売却後の瑕疵担保責任が発生しません。
  • 仲介手数料がかかりません。
  • 売却していることを知られずにすむ。

 

デメリット
  • 仲介よりも査定額が低い可能性があります。

 

物件購入者;弊社
広告宣伝;不要
仲介手数料;不要
売却期間;即時

 

「○○な方、○○な物件なら「買い取り」という選択肢もアリ」

  • すぐに現金化したい!
  • 現金化したい時期が決まっているけど、時間がない!(転勤など)
  • 近所に売却を知られたくない!
  • 築年数の古い物件を売りたい!
  • 仲介でもう1年以上売れない!
  • 立地があまりよくない!
  • わけあり物件(接道をはたしていない、事故など心理的瑕疵がある)

 

仲介
メリット
  • 買取よりも高額で売却できる可能性があります。

 

デメリット

購入希望者がいつ現れるかわからないため、場合によっては売却まで長期間かかることがあります。
また居住中に内覧等が発生します。
その他、所有中は庭の手入れや建物の維持管理費(固定資産税など)も必要になります。 

 

物件購入者;購入希望者を探す
広告宣伝;必要
仲介手数料;必要
売却期間;購入希望者が見つかり次第
(目安:3ヵ月〜6カ月)※購入者が見つからない場合もあり。

買い取りの場合、仲介ですぐに売却できた場合と比べるとお客様の手元に残る金額は少なくなることが多いです。しかし総合的に見た場合はいかがでしょうか?

仲介に比較して即現金化できるため、売却実現の時期について悩むことがありません。また購入希望者による内覧が発生しないので、落ち着いて過ごせます。

そして何より、売却後に発生したトラブルに基本的に関わらなくて済む点が大きなメリットです。

 

 

土地活用/相続相談

土地活用

日頃から土地の売買に従事している不動産業者は、土地活用の専門家です。
特に土地活用に関わる人材の「コネクション」については、最も頼りになると言っても過言ではありません。不動産業者は、土地活用で利用することになる企業や専門家の知り合いが多いので、当人がわからない情報でもそのネットワークで聞いてくれたり、紹介してくれたりと便宜を図ってくれます。
 
また不動産業者の中には先述したファイナンシャルプランナーを取得した人がいるため、役に立つアドバイスを得られるはず。
地域ごとの客層や過去の事例も心得ているので、あなたの土地に合った活用方法を聞くのもいいかもしれません。

 

相続相談

相続【財産贈与・分割・事業継承・納税対策・資産活用】等の問題、土地・建物には【借地・借家・立ち退き・建て替え】、等々…。
できれば、これらすべて穏便にすませたいものですね。
 
しかし、現実には様々な事情や感情もあり、時には親族にさえ相談できないほど複雑な問題を抱えてしまうこともあります。これらの問題は、直面した時にどこへ相談をすればよいのでしょうか。

医療の場合は専門分野がわかりやすいのですが、財産にまつわる問題解決の相談先は、弁護士、税理士の方々にも専門分野があり、どのようにすべきかわかりにくいのが現状です。

 

創業元治元年小林工務店では、特に相続・貸地・借地・有効利用等に詳しい専門家の集団である『財産ドック』と提携し、相談対策を行っています。

行き詰った状況を打開するには、その「専門知識」と「総合的」「実務的」なアドバイスが欠かせません。 どのような問題に対しても、かならず解決の糸口を見い出します。 なぜなら、数多くの「実績」と、それにともなう「経験」があるからこそ「自信」があるのです。 守秘義務を守って、親身になってその方のご相談に応じることが、我々の社会的使命と思っております。 お困りの問題、ぜひ一度ご相談ください。

  1. 小林工務店
  2. 不動産
ページの先頭へ